タイトル

30日間カレーのみを食べるバカの記録。
by keiziweb
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お気に入りブログ
みりん干し,干物,ひもの...
カップ麺,かっぷめん,か...
30日間避難訓練生活 補...
マックフライポテトは腐らない?
最新のトラックバック
【ドラリオン】⇒カンゲキ..
from Jブロードウェイ・ブログ
浦安市戦争課
from Keiziweb.
浦安市戦争課
from Keiziweb.
black midget..
from black midget
お便りの紹介です。
from Keiziweb.
今日は暖かいね!
from Keiziオエッブ.
2006年10月1日~1..
from 30日間マクドナルド生活2。
30日間○○生活
from 俺的ブックマーク
ごくささやかなる明日の計..
from 脳内シンポジウム──乳牛日和──
ものすごいカレー好きを発見!
from カレー好き「ぽち」のカレーライス
カテゴリ
全体
カレー食べたよ。
日記的駄文。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
■ 取捨選択物語。
 彼はブツブツと独り言を言っていた。「・・・早く、早く帰らなければ。早く描かなければ・・・」。その様子はまるで何かに取り憑かれたように見えたことだろう。彼の家は20分ほど歩いた丘の上にあった。両親と暮らす郊外の一戸建て。その2階に彼の部屋はあった。

 着いた頃には彼の右肩はひどく痛んだ。絵をかかえて30分歩くという行為が、体にも少なからずダメージを与えていた。しかし、そんな事は彼の意識にはほとんど上らなかった。ドアを開け、家に入る。そして、それまでと全く変わらない様子、歩調、視線で自分の部屋を目指した。家にいた母親が何か声を掛けた気がしたが聞こえなかった。

 彼は自分の部屋に入るとイーゼルに絵を掛けた。そして、慣れた手つきで油絵の具を準備し、パレットの上で絵の具をこねた。「早く、早く描かなければ・・・。描かなければ・・」。彼はブツブツと繰り返しながら絵筆を走らせた。

つづき

■決まりのバトン。
・この話は、読んだ人が勝手に続きを考えて書きます。
・誰が、何を、どれだけ書いても自由です。
・書いたら前の人に報告してください。そして、前の人は次の人へのリンクを張って下さい。
・「決まりのバトン」部分だけは必ず引き継いで下さい。
・どこでこのバトンを受け取ったかを言ってはいけません。
・以上。
[PR]
by keiziweb | 2006-03-27 10:12
<< 30日間生活シリーズが本になり... 1年物。 >>